【創立50周年記念シンポジウム】開催のお知らせ[6月25日(日)]

東京歴史科学研究会創立50周年記念シンポジウム
現在(いま)、歴史学は何を問うのか
―『歴史を学ぶ人々のために』から考える―


1967年に創立した東京歴史科学研究会は、今年50周年を迎えました。
これを記念して、3月におよそ30年振りとなる『歴史を学ぶ人々のために―現在(いま)をどう生きるか―』(岩波書店)を刊行しました。
今回の50周年記念シンポジウムでは、3人の報告者にそれぞれの視点から『歴史を学ぶ人々のために』を論じていただきます。
『歴史を学ぶ人々のために』を素材として、現在(いま)、歴史学は何を問うのかをみなさんと共に考えたいと思います。

【報告者】
深谷克己(早稲田大学名誉教授)
戸邉秀明(東京経済大学准教授)
小川輝光(神奈川学園中学校・高等学校教諭)
※シンポジウム当日は、執筆者も多数参加します。

【日時】 2017625日(日) 13:00 (開場12:30)

【会場】 明治大学グローバルフロント1階多目的室
明治大学駿河台キャンパスアクセスマップ(外部リンク:明治大学公式Webサイト)

【参加費】 600

※シンポジウム終了後、グローバルフロント17階にて「出版・創立50周年記念祝賀会(懇親会)」を予定しております。

20170625a.jpg 20170625b.jpg

※東歴研編『歴史を学ぶ人々のために--現在をどう生きるか--』(岩波書店、2017年)については、こちら(岩波書店サイト)をご覧ください。