【2016年度3月例会】 開催のお知らせ〔3月18日(土)〕

【2016年度3月例会】
「本所をめぐる産業と文化の歴史」を歩く

【企画の概要】
東京・本所地区は、江戸時代には数々の大名屋敷が、明治時代以降には多くの工場が建ち並び、近世・近代を通して政治・経済的に重要な場所でした。その一方で、幕府ゆかりの寺社・仏閣や関東大震災の犠牲者を弔う慰霊碑など、さまざまな史跡がいまに遺る場所でもあります。今年の春の例会では、本所地区にある様々な史跡や施設を手がかりとして、東京・本所の産業と文化の歴史を学びたいと思います 。

【フィールドワーク予定地】
《集合》たばこと塩の博物館→大横川親水公園(震災慰霊碑)→法恩寺・本法寺→各藩邸跡→両国高校(マッチ製造・芥川記念碑)→錦糸公園(旧セイコー工場)→亀戸天神→北十間川(花王工場)→文花・中之郷地域→押上公園《解散》

【日時】2017年3月18日(土) 13:00~17:00(予定)

【集合場所】たばこと塩の博物館(墨田区横川 1-16 -3)
・東京メトロ半蔵門/ 東武スカイツリーライン「押上(スカイツリー前)駅」
(B2 出口)より徒歩 12 分
・都営浅草線「本所吾妻橋駅」( B2 出口)より徒歩 10 分
(「たばこと塩の博物館」Web サイトにリンクします。) 

【参加費】500 円
*事前申し込みは不要です。
*当日は、歩きやすい靴・服装にてご参加下さい。
*雨天決行の予定です。なお、天候により、コースを変更する場合があります。
*フィールドワーク終了後、希望者のみにて懇親会の開催を予定しています。