【2017年度・歴史科学講座】開催のお知らせ[2018年2月3日(土)]

江戸・東京の水害と首都圏水系

講師:渡辺浩一(国文学研究資料館教授)

主要業績:「江戸水害と都市インフラ」(『日本歴史』830号、2017年7月)
     「災害復興をめぐる近世都市政策と地域社会」(『歴史評論』797号、2016年9月)
     『日本近世都市の文書と記憶』(勉誠出版、2014年)
     「災害対応と文書行政」(『歴史評論』760号、2013年8月)

【日時】2018年2月3日(土) 14:00~(開場13:30)

【参加費】600円(予約不要)

【会場】早稲田大学戸山キャンパス36号館681教室
*アクセス:地下鉄東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩3分

≪概要≫
 2011年の東日本大震災以降、首都直下型の地震・水害などによる複合災害への関心が高まっています。こうした予想される災害に対して、歴史学はどのような役割を果たすことができるのでしょうか?今回の歴史科学講座では、渡辺浩一氏を講師に招き、17世紀から1960年代までの江戸・東京における水害と首都圏水系についてご講演いただきます。多くの方のご参加をお待ちしております。