『人民の歴史学』217号

『人民の歴史学』217号 2018年9月 目次

特集:「平和」の内実を問う―権力の「平和」と地域の「平和」―
〈東京歴史科学研究会第52回大会委員会企画〉
・中世在地領主による「平和」の創成・維持と地域社会   田中大喜
・戦後地域社会の軍事化をめぐる協力と抵抗   森脇孝広
・コメント―安穏・惣無事・コトナカレと分断の比較史を展望する―   中野聡
・討論要旨   長谷川達朗・水林純

〈書評〉
・加藤圭木著『植民地期朝鮮の地域変容―日本の大陸進出と咸鏡北道―』   吉野誠
・ゆっくりと話がしたい、道場親信さんと...―道場親信『下丸子文化集団とその時代』を読んで―   杉山弘