2017年度

『人民の歴史学』215号 2018年3月 目次

特集:現在(いま)・歴史学は何を問うのか―『歴史を学ぶ人々のために』から考える―
・もう一度振り返り、あらためて今を見回す―東歴研創立50周年記念『歴史を学ぶ人々のために』第四集刊行に際して―  深谷克己
・〈危機の二〇年〉はくぐり抜けられたか―『歴史を学ぶ人々のために』第四集から考える―   戸邉秀明
・戦後歴史学と現代歴史学のあいだ―歴史教育の見地から―   小川輝光
・討論要旨   古畑侑亮

〈東京歴史科学研究会第52回大会レジュメ〉
【委員会企画】
・趣旨文   委員会
・中世在地領主による「平和」の創成・維持と地域社会   田中大喜
・戦後地域社会の軍事化をめぐる協力と抵抗   森脇孝広
【個別報告】
・王権の庭園と動物―古代王権と「禁苑」―   山田兼一郎
・戦国期大名・国衆間交渉と贈与の展開   浅野友輔
・一九世紀、歌舞伎からみた民衆の「所帯」イメージと「生存」   中臺希実
・婦選獲得同盟東京支部にみる婦選運動の転換点(仮)   井上直子

〈東京歴史科学研究会活動の記録〉
・東京歴史科学研究会創立50周年記念シンポジウム参加記   浅野友輔
・東京歴史科学研究会五〇周年記念シンポジウム「現在、歴史学は何を問うのか―『歴史を学ぶ人々のために』から考える―」参加記   瀬上ゆき
【東京歴史科学研究会9月例会報告要旨】
・朝鮮人を虐殺した自警団はなぜ事件に向き合わなかったのか   関原正裕
・「教育令」における田中不二麿の小学校教育理念―福澤諭吉との関係を中心に―   蔡珂
・昭和初期テロ事件の裁判と軍部・社会―司法過程を通じてみる政治・社会の変動一九三〇~一九三六年―   萩原淳
・近代における朝鮮民衆の電信線破壊―一八八五~一八九五年を中心に―   中村祐也
・植民地期朝鮮における朝鮮人歴史家の学術活動―李丙燾と震檀学会の活動(一九三四~一九四五)を中心に   上山由里香
・慶尚南道・釜山国民保導連盟組織の実態―幹部構成員を中心に―   崔仁

〈ラウンジ〉
牧原憲夫さんとの交流から見えるもの―遺著『山代巴 模索の軌跡』(而立書房 二〇一五年)に触発されて―   新井勝紘





『人民の歴史学』214号 2017年12月 目次

〈東京歴史科学研究会第51回大会個別報告〉
・戦国時代の土豪と在地寺院・「徳政」―伊勢国一志郡小倭郷を事例に―           水林純
・明治初年の徴士制度と藩士登用―土佐藩を事例に―   岩村麻里
・日露戦争関係の画報誌における東アジア表象とその受容   青木然

〈東京歴史科学研究会活動の記録〉
・「シンポジウム歴史教科書 いままでとこれからPARTⅩⅢ」に参加して   池田翔太
『人民の歴史学』213号 2017年9月 目次

特集:「平和」の内実を問う―「共生」のための課題―
〈東京歴史科学研究会第51回大会委員会企画〉
・近世日本の異端的宗教活動と秩序意識     大橋幸泰
・基地とコンビナート
 ―高度成長期日本における社会変容と人びとの歴史意識―     安岡健一
・コメント     石田憲
・討論要旨     藤田貴士

〈書評〉
・近藤成一著『鎌倉時代政治構造の研究』     櫻井彦

〈文献紹介〉
・冨岡一成(文)、さいとうさだちか(写真)
 『築地の記憶―人より魚がエライまち』     高柳友彦

〈時評〉
・共謀罪の強行が物語るものは何だろうか     三宅明正

『人民の歴史学』212号 2017年6月 目次
〈東京歴史科学研究会歴史科学講座〉
・東京の変貌からみた歴史学――都市史研究は生き残れるか?     源川真希
・討論要旨

〈書評〉
・倉地克直『江戸の災害史』を読む                  鈴木淳世
・松沢裕作『自由民権運動―〈デモクラシー〉の夢と挫折―』      高島千代

〈東京歴史科学研究会活動の記録〉
・歴史科学講座参加記                     長谷川達朗
・「建国記念の日」反対、2017年2・11集会参加記        森田喜久男
・3月例会参加記                        長沼宗昭

〈東京歴史科学研究会第51回大会総会議案〉