【『人民の歴史学』191号】

『人民の歴史学』191号 2012年3月 目次

<東京歴史科学研究会入門講座>
  • 今と向き合う歴史研究―女性史・ジェンダー史研究から― 服藤早苗

<書評>

  • 高岡裕之著『総力戦体制と「福祉国家」』 渡邉皓太郎

<研究動向紹介>
  • 黒川みどり氏の近現代部落史研究の紹介と検討―方法論的特徴を中心に― 大高俊一郎

<文献紹介>

  • 粟屋憲太郎編『近現代日本の戦争と平和』
  • 吉見義明監修、内海愛子・宇田川幸大・高橋茂人・土野瑞穂編『東京裁判―性暴力関係資料』 林 博史

<東京歴史科学研究会活動の記録>
  • 〈彼女〉を書く、そして〈彼女〉を超えて 芝山真太郎
  • 九月例会参加記 震災・空襲と復興をめぐって 石橋星志
  • シンポジウム「歴史教科書 いままでとこれから」参加記 江森大貴

<東京歴史科学研究会第46回大会報告レジュメ>
【委員会企画】
  • 〈弱者〉の生存と「共同性」 委員会
  • 中世後期~近世都市にみる弱者と生存―合力の論理と排除の論理の関係性について― 東島 誠
  • 仁風の思想 小林丈広
【個別報告】
  • 室町期の守護使節と使者の活動 徳永裕之
  • 関東大震災下に虐殺されたろう者とその後のろう教育 小薗崇明
  • 日本における日韓会談反対運動の展開―日本人の運動を中心に― 金 鉉洙

<ラウンジ>
  • 震災後の生活 西 聡子
  • 東日本大震災体験記 堀口詩織

※本号の目次において、〈文献紹介〉欄の『近現代日本の戦争と平和』の著者名・文献名表記、及び林博史氏の氏名表記に誤りがありましたのでお詫びして訂正いたします。上記は訂正後の情報を掲載しています。