【『人民の歴史学』203号】

『人民の歴史学』203号 2015年3月 目次

<2014年度歴史学入門講座
  • 日本軍「慰安婦」問題と歴史学 吉見義明
<書評
  • 悪党研究会編『中世荘園の基層』 鎌倉佐保
  • 吉見義明著『焼跡からのデモクラシー―草の根の占領期体験』 佐々木啓
<文献紹介>
  • 成田龍一著『近現代日本史と歴史学 書き換えられてきた過去』 及川英二郎
<東京歴史科学研究会活動の記録>
  • 歴史学入門講座参加記 小野寺可菜
  • 九月例会「秋の八王子城と武蔵陵墓地をあるく」 古畑侑亮
  • 委員会だより
東京歴史科学研究会第49回大会レジュメ
【委員会企画「女性の生存と労働―地域の戦後史―」】
  • 趣旨文 委員会
  • 温泉観光地の戦後―高度成長期熱海温泉における女性労働力の歴史的変容― 高柳友彦
  • 敗戦・占領を生き延びる地域と女性たちのエイジェンシー 平井和子
【個別報告】
  • 戦国期室町幕府における別奉行制の展開 石田出
  • 徳川将軍の葬送と江戸の町 佐藤麻里
  • 「白衣の勇士」か「疾患への逃避」か?
    ―総力戦と精神神経疾患をめぐるポリティクス― 中村江里
  • 一九三三年から一九四三年のフランスにおける難民問題とユダヤ系フランス人
    ―レモン・ラウル・ランベールの国民観―(仮) 山本耕