『人民の歴史学』227号

『人民の歴史学』227号 2021年3月 目次

〈論文〉
関東大震災時の朝鮮人虐殺事件、国家責任を隠蔽した「特赦」「特別特赦」
                              関原 正裕

〈緊急企画:歴史研究者の記録―新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行を受けて―〉
趣旨説明                   東京歴史科学研究会委員会
コロナ禍における沖縄県公文書館(RDAプロジェクト)の状況  小野百合子
新型コロナウィルスと中学校教育   
 ――非常勤講師の経験を通してみたコロナ禍―         徳永 裕之
コロナ時代の大学教育
 ――オンライン授業の経験から――               大橋 幸泰

〈書評〉
小山聡子・松本健太郎編『幽霊の歴史文化学』         北條 勝貴

〈文献紹介〉
地方史研究協議会編『学校資料の未来―地域資料としての保存と活用―』
                              瀬戸口龍一

〈東京歴史科学研究会第55回大会レジュメ〉
【委員会企画】
趣旨文                   東京歴史科学研究会委員会
近世・近代移行期における沿岸漁業秩序
 ――越中灘浦を対象に――                中村 只吾
明治末期~大正期における日本の「地方林業教育」の役割
 ――中等林業教育卒業者の進路の検討を中心に――       青木  健
【個別報告】
「林下」再考――「五山官寺制度」との関係から――(仮)  山口 啄実
明治初期における旅と歴史意識
 ――武蔵国の在村医小室元長の湯治旅行を事例として――(仮)
                              古畑 侑亮
一九三〇年代における知米派知識人のアメリカ認識
 ――高柳賢三による「独裁政」の分析内容から――         渡井誠一郎