【『人民の歴史学』171号】

『人民の歴史学』171号 2007年3月 目次
 
<東京歴史科学研究会六月講座>
  • いま、歴史学に問われていること 木村茂光

<書評>
  • 藤木久志著『刀狩り―武器を封印した民衆―』 荒垣恒明
  • 身分制の解体と身分社会―横山百合子著『明治維新と近世身分制の解体』によせて― 森下徹
  • 外村大著『在日朝鮮人社会の歴史学的研究 形成・構造・変容』 鄭 栄桓
         
<文献紹介>
  • 大門正克編著『昭和史論争を問う ―歴史を叙述することの可能性――』 山口公一
  • 坂野徹著『帝国日本の人類学者 一八八四-一九五二年』阿部安成

<東京歴史科学研究会活動の記録>
  • 六月講座参加記 菅野あすか
  • 七月例会に参加して 本庄十喜

<東京歴史科学研究会第41回大会報告レジュメ>
【委員会企画】
  • 「新自由主義」時代の歴史学 委員会
  • 「教育という営み」の戦後史 大門正克
  • 新自由主義時代の自由主義研究 小沢弘明

【個別報告】
  • 律令制成立期における文書行政の受容と地域支配 平澤加奈子
  • 一八世紀の漁村内部秩序にみえる「安定性」の内実 ―伊豆国内浦長浜村を事例として―(仮)
  • 戦後初期の生活改善・生活合理化運動 ―『婦人之友』友の会による「農村文化運動」を中心に 牛木純江