【『人民の歴史学』175号】

『人民の歴史学』174号 2007年12月 目次
 
東京歴史科学研究会歴史学入門講座
  • 現代日本人の戦争認識と日中戦争 吉田裕

<書評>
  • 野村育代著 『家族史としての女院論』 樋口健太郎
  • 深谷克己著 『江戸時代の身分願望―身上りと上下無し―』 樋口健太郎
  • 藤野豊著 『ハンセン病と戦後民主主義』 西浦直子  

<東京歴史科学研究会活動の記録>

  • 東京歴史科学研究会七月入門講座参加記 西澤康  
  • 戦争の現実と向き合う試み 山村淑子
  • 東歴研四〇周年記念講演会参加記 上杉和彦   

<東京歴史科学研究会第42回大会報告レジュメ>
【委員会企画】  
「新自由主義」時代の歴史学 II 委員会
   
  • 地域史研究と現代――和泉市松尾地域を素材に 塚田孝
  • 戦間期における労働者の生活と労働 加瀬和俊
    
【個別報告】
  • 院政期の「武士」と「院近臣」――坂戸源氏からみる――(仮) 伊藤瑠美  
  • 近世武士の文化交流と社会意識――尾張藩士・平岩元珍の主体形成をめぐって――(仮) 綱川歩美
  • メディアのなかの「復興」――関東大震災後の社会意識と展覧会 佐藤美弥