【『人民の歴史学』183号】

『人民の歴史学』183号 2010年3月 目次

<東京歴史科学研究会歴史>

  • いま日本古代史とは何か~「おどろき」への喚起~ 新川登亀男

<文献紹介>
  • リチャード・ルビンジャー著『日本人のリテラシー 1600~1900年』小田真裕
  • 笠原十九司著『「百人斬り競争」と南京事件 史実の解明から歴史対話へ』 齋藤一晴

<連載企画 教科書のなかの沖縄近現代史 Ⅰ>
  • 趣旨説明 福田真美子
  • 歴史教科書のなかの沖縄近現代史記述を問う~歴史研究と歴史教育のはざまから~ 齋藤一晴

<東京歴史科学研究会活動の記録>
  • 「もう使わせない!「つくる会」歴史教科書」参加記 小池良輔
  • 日本人の歴史認識―「人権と歴史認識を考える7・21集会」参加記― 藤本匡人
  • 2009年度歴史学入門講座参加記 岩本健寿
  • 7月例会参加記 松平祐介
<東京歴史科学研究会第44回大会報告レジュメ>
【委員会企画】
  • 「自由」と「競争」の歴史的文脈 委員会
  • 幕末における芸能諸集団と「差異」化の論理―弘前藩領における娯楽享受と他者認識― 浪川健治
  • 1970年代日本の「民族差別」をめぐる運動―「日立闘争」を中心に― 加藤千香子

【個別報告】
  • 日本古代における皇后制の成立―「大后」から「皇后」へ― 鈴木織絵
  • 近世対外関係をめぐる認識形成―18世紀前半の平戸藩を中心に― 吉村雅美
  • 融和運動と女性教化 大高俊一郎