2010年度

『人民の歴史学』187号 2011年3月 目次

<東京歴史科学研究会入門講座>
  • 関東の中世史を歩き、関東の中世史料を読む 清水亮
  • 中世史を関西で学ぶ幸せ、関東で学ぶ楽しさ 高橋修

<書評>
  • 齋藤一晴著『中国歴史教科書と東アジア歴史対話―日中韓三国共通教材づくりの現場から―』 菊池一隆

<文献紹介>
  • 大石学編『一九世紀の政権交代と社会変動』 落合延隆
  • 安西邦夫・真辺将之・荒船俊太郎編著『近代日本の政党と社会』 後藤悠一

<東京歴史科学研究会活動の記録>
  • 関東で中世史を研究する魅力 朝比奈新
  • 七月例会「登戸研究所資料館見学」参加記 稲塚由美子

<東京歴史科学研究会第45回大会報告レジュメ>
【委員会企画】
  • 「自己責任」・「差別と排除」、そして「共同性」―歴史学から考える― 委員会
  • 自由民権期の都市東京における貧困者救済問題―貧困者の差別と排除をめぐって― 中嶋久人
  • 戦後初期の生活協同組合と文化活動―貧困と部品化に抗して― 及川英二郎

【個別報告】
  • 日本中世における本所裁判権の形成―高野山領荘園を中心にして― 佐藤雄基
  • 町役人の系譜―近世前期甲府町年寄坂田家の場合(仮) 望月良親
  • 植民地期朝鮮における港湾「開発」と漁村―一九三〇年代の咸北羅津― 加藤圭木
『人民の歴史学』186号 2010年12月 目次

<東京歴史科学研究会第44回大会個別報告>

  • 近世対外関係をめぐる認識形成―一八世紀前半の平戸藩を中心に― 吉村雅美
  • 融和運動と女性教化―一九二〇~三〇年代の神奈川県青和会を中心に 大高俊一郎

<連載企画 教科書のなかの沖縄近現代史 Ⅳ>

  • 教科書のなかの沖縄近現代史 加藤圭木

<文献紹介>

  • 林博史著『沖縄戦 強制された「集団自決」』 小山亮
  • 君島和彦著『日韓歴史教科書の軌跡―歴史の共通認識を求めて―』 山口公一
<東京歴史科学研究会活動の記録>
  • 『歴史教科書いままでとこれから』シンポジウム参加記 菊地英
  • 委員会だより
『人民の歴史学』185号 2010年9月 目次

特集:「自由」と「競争」の歴史的文脈
<第44回東京歴史科学研究会大会委員会企画>

  • 幕末における芸能諸集団と「差異」化の論理―弘前藩領における娯楽享受と他者認識― 浪川健治
  • 1970年代日本の「民族差別」をめぐる運動―「日立闘争」と中心に― 加藤千香子
  • コメント 南塚信吾
  • 討論要旨 松田英里

<書評>
  • 梅田千尋著『近世陰陽道組織の研究』 靭矢嘉史 

<文献紹介>
  • 西村慎太郎著『近世朝廷社会と地下官人』 秋山晶則

<連載企画 教科書のなかの沖縄近現代史 Ⅲ>
  • 教科書のなかの沖縄近現代史(大正~昭和戦前期) 小山亮
『人民の歴史学』184号 2010年6月 目次

<東京歴史科学研究会歴史科学講座>

  • 日本の植民地支配と在日朝鮮人 樋口雄一

<書評>
  • 長谷川裕子著『中近世以降期における村の生存と土豪』 小酒井大悟

<文献紹介>
  • 平壌第三公立中学校総同窓会校史編纂委員会編『平壌三中 学窓の追遠史―朝鮮植民地時代末期の中学校の教育記録―』 加藤圭木

<連載企画 教科書のなかの沖縄近現代史 Ⅱ>
  • 教科書のなかの沖縄近現代史(明治期) 加藤徹

<東京歴史科学研究会活動の記録>
  • 水損資料ワークショップ参加記 黒須あずみ
  • 歴史科学講座参加記 杉野知子
  • ニ・一一集会に参加して 本間水月
  • 浅草橋から浅草へ―発見と感動― 武子裕美
<東京歴史科学研究会第44回総会報告>