【『人民の歴史学』195号】

『人民の歴史学』195号 2013年3月 

<東京歴史科学研究会入門講座>
  • 社会史研究の成果と歴史ドラマの現在 ―「タイムスクープハンター」時代考証の経験から― 清水克行
  • 戦後映画から同時代の記憶を探る 安田常雄
<書評>
  • 木村茂光著『初期鎌倉政権の政治史』 清水亮
<研究動向紹介>
  • 戦争の記憶継承と博物館 ―明治大学平和教育登戸研究所資料館をめぐる研究動向から― 鈴木一史
<東京歴史科学研究会活動の記録>
  • シンポジウム「歴史教科書 いままでとこれから PARTⅧ」参加記 山口隆行
  • 歴史学入門講座「メディアの中の歴史叙述をどう考えるか ―映画・テレビの映像作品を題材として」参加記 岩村麻里
  • 二〇一二年度九月例会参加記 石井靖子
<東京歴史科学研究会第47回大会報告レジュメ>
【委員会企画】
  • 「生存の危機」と人びとの主体性 委員会
  • 自助と自浄の一九世紀 暴力という主体的行為の記憶 須田努
  • 敗戦前後における労働者統合 佐々木啓
【個別報告】
  • 近世中期の甲州国中地域における流通経済の変容と展開 ―鰍沢河岸及び脇往還輸送を中心に― 南隆哲
  • 一九二一年裕仁皇太子外遊と視覚メディア ―撮影規定の緩和を軸として―(仮) 小山亮
  • 戦後日本社会における生活保護制度の形成と在日朝鮮人 ―「生存権」からの段階的排除と生活保護獲得闘争の展開― 金耿昊
<ラウンジ>
  • 第一六回常民文化研究講座 大津波と集落 ―集落に受け継がれるもの―に参加して 亀谷弘明