【第55回大会・総会】〔4月17日(土)・18日(日)〕開催のお知らせ

東京歴史科学研究会 第55回大会・総会

●第1日目 2021年4月17日(土)
《委員会企画》 13:00~
テーマ:近世・近代移行期における自然資源の利用・管理と権力・地域社会
・中村只吾氏「近世・近代移行期における沿岸漁業秩序―越中灘浦を対象に―」
・青木健氏「明治末期~大正期における日本の「地方林業教育」の役割―中等林業教育卒業者の進路の検討を中心に―」
・コメント:菅豊氏

●第2日目 2021年4月18日(日)
《総会》 10:00~

《個別報告》 13:00~ ※タイトルは仮題
・山口啄実氏「「林下」再考―「五山官寺制度」との関係から―(仮)」
・古畑侑亮氏「明治初期における旅と歴史意識―武蔵国の在村医小室元長の湯治旅行を事例として―(仮)」
・渡井誠一郎氏「一九三〇年代における知米派知識人のアメリカ認識―高柳賢三による「独裁政」の分析内容から―」

【会場】Zoomを利用して開催いたします。事前の準備をお願いいたします。

【参加申し込み】事前申し込み制です(申し込みは4月13日〆切)。参加を希望される方は、下記のGoogleフォームからお申し込みください。

追って、ZoomのID・パスワードなどをご案内いたします。先着100名までとさせていただきますので、お早めにお申し込みください。